米子クラブ39期 2023年9月~2024年7月 


  年間テーマ 「 繋ぐ力  ~アイディアの醸成~ 」
  目 標 ・会員の増強と維持を図る  ・アイディアを醸成し、推敲した教育・プログラムを実施する
      ・カウンスル活動に対処し呼応する  ・全ての会員が協力し充実した例会を目指す  

        
本文へジャンプ
米子クラブ第39期年間プログラム(2023/9~2024/7)      
  月間テーマ     目的            教育・プログラム
9/13
  涵養  醸成する 「マンダラエンディングノートⓇ
 人生の地図を描く」PartⅠ
   
   担当者:野津寛美

10/11    相伝  承ける   「今期目指したいこと」
   担当者:柴田久実子
 
11/8   連結  培う  「マンダラエンディングノートⓇ
 人生の地図を描く」PartⅡ

 担当者:藤山由起子

12/13   相承  結う     交流プログラム
  「万葉集の言葉を味わう」
    中永廣樹氏講演
1/17   活気  引き出す バザー」
「ワンワード・ストリーを作る」
   担当者:秦野順子
2/14   伝統  繋ぐ 「スピーチデモンストレーション」
「フレイルの予防と対策を学ぶ」
   担当者:藤山由起子
3/13   精魂  振り返る 「マンダラエンディングノートⓇ
 人生の地図を描く」PartⅢ

   担当者:岡崎祥子
4/10   活力  満つる 「朗読」 担当者:住田実寧子
5/16   神気  養う 「野外例会」出雲大社
6/12   継承  継ぐ 「役員就任式」「クラブアワード」
「40周年記念例会を考える」

<12月例会>  2023年12月13日  「クラブ間交流プログラム」
   講演 「万葉集の言葉を味わう」
  
    講師:中永廣樹氏 (元鳥取県教育委員会教育長・
              現在日本海情報ビジネス専門学校校長)

            
         
                   (プログラムリーダー:柴田久実子
沢山の参加を頂き、万葉集を味わいながら言葉の大切さや威力など
長年研究されてきたお話をわかり易く講演して頂きました。
皆さん先生のお話を聴き洩らさないよう、学生時代を思い出しながら
真剣に拝聴いたしました。知識を授かり心が豊かになったようです。
至福の時を与えて頂きました。
  

  
 
      インスピレーション(今日の思い)岡崎祥子
   
「可愛い」という形容詞を連発する幼児化の進んだ日本。

    愛されたい、好かれたい、と目の色を変え、厳しさを

     忘れた此の国から今、老成や熟成の美が消えた。
        堀 文子 「ひまわりは枯れてこそ実を結ぶ」より

               
     今日、受け継がれた万葉集の奥議に触れるとき、
     私達が使う現代語に、何かを感じることでしょう。


<11月例会>  2023年11月9日
「マンダラエンディングノートⓇ人生の地図を描く」PartⅡを
藤山由起子会員担当でマンダラチャートの意味や書き方を学ぶました。
説明を受けた後に実際にマンダラチャートのノートに記入し気づいた
ことや思ったことを発表していきました。





インスピレーション(今日の思い)問 朝美

  医者、看護師、検査技師と多くの医療スタッフは連結し
    力を培い一丸となって命を救う

  弱く至らぬ私達も、知恵を出し合い連結し能力を培えば

   大きな力となることを、遥か紀元前より先人達は

  「群軽切軸」なりと教えている

 

  註:「群軽切軸」 中国「戦国策」より

    小さい力もこれを合わせ集めれば大きな力となるたとえ


<10月例会>  2023年10月11日
「今期目指したいこと」について各自の思いを1人3分間スピーチし、
柴田久実子リーダーが最後に自分の考えを述べ締めくくりました。



インスピレーション(今日の思い)住田実寧子

『熱心で、素直で思いやりがあり、思慮深い女性達が  
 一緒に集まり、自由に交われば、必ず学び合う事ができるのです。』

  ITC創立の10月にあたり、アーネスティン ホワイト女史の
   このメッセージはITC-Jのスピリチュアルな支柱です。

 末永く承け継がれることを願って!


<9月例会>  2023年9月13日
「マンダラエンディングノートⓇ人生の地図を描く」PartⅠとして
野津寛美担当者から「マンダラ」とはどの様なものか資料を見ながら
説明を受け、これから受ける教育のマンダラノートの活用方法を
学びました。

   

   
 
      インスピレーション(今日の思い)谷田恵美子
       アーネスティン ホワイト女史は

    「世界がもっとよくなるようにと人々が望み、
 適切な歩みを続けていくから世界はよりよくなるのである。」

       の信念のもと、ITCを設立しました。
その理念を受け継いだ
ITC-Jは、
水が少しづつしみるように涵養され、
     よりよい未来を目指し醸成し続けている