米子クラブ第33期
    2017年〜2018年
 
第33期テーマ「 調和と変化 〜Enjoy Yourself〜 」
        
      

  トップページ  米子クラブ案内      ITC-J理念・宣誓   カウンスルNo.7HP ITC-J HP
 
  36期活動報告
35期活動報告
34期活動報告 30周年記念例会    


33期年間プログラム 

9月
素朴なコロンブス
10月
傾聴・実践  
11月
ビブリオバトル

12月
マインドマッピング  
1月
講演とワークショップ
2
スピーチデモンストレーション
 
3月
リージョン組織検討委員会報告    
4月
  母語
5月
 野外例会
大山開山千三百年
 
6月
役員就任式
クラブアワード
       

33期例会報告      
例会コーデネイト 例会月 テーマ・目的   教育・プログラム   
9月   誕生・進む  素朴なコロンブス ・教育と実践
担当:
柴田久実子


 
  10月  傾聴・受容する  傾聴・実践
担当:浜田一恵 

 


 
11月  知識・学ぶ        「 ビブリオバトル実践 」 
       ビブリオバトルとは
    発表者自身が読んで面白いと思った本を
      持って集まり、5分間本の紹介し
    どの本が一番読みたくなったか決めます。
      発表者でなく「本」に投票する。
      最多票は「チャンプ本」とする。

     発表者     紹介本
    浜田一恵   「淳子のてっぺん」
    細田恭子   今すぐ身につく「雑談力」
    谷田恵美子  「わたしはマララ」

  数え切れないほど世の中には本があるけれど
      ビブリオバトルに参加することで
  知らない本に出会える。これも未知との遭遇!



 
12月   構築・見出す  「マインドマップと即興スピーチの
ワークショップ」

 担当:勝部芳子
 マインドマップ(思考地図)を書くことで
 右脳、左脳の両方を使い脳全体を活性化し、
 それを見ながら話も上手く出来る様になります。

 マインドマップは英国の教育者トニー・プザンが
 広めた自然な形で脳の力を
 引き出す志向技術です。
 楽しく学ぶことでまた新たな発見です。
 

左脳   筋道を立てて考える 

   言葉を使う 分析する

   数字をあつかう

 表にまとめる  
 右脳   
リズムをとる
    

 想像力を働かせる
         空想する  色を使う   

 立体的に認識する


「バザー」
      オークショニア:秦野順子
脳を活性化した後でバザーも行い、
頭と体を使って楽しい時を過ごしました。




 



 
1月  交流・深める             交流プログラム
      演題:「育てるー受け継ぐ」
  〜ドイツから学んだこと、日本の和の文化〜

          講師:渡邉 眞子様

 ドイツが大好き、グリム童話が
 好きで好きでたまらない
渡邉様のお話を
楽しく聞かせて頂きました。


  



 


 
2月 表現・話す
 
  「スピーチコンテスト」

2月はスピーチコンテストが行われました。

     1位  柴田久実子
論題:調和   題目:風通し良く
     2位  藤山由起子
論題:励まし  題目:どうやって励まそう  
 



 3月 変革・変わる   「今・話題の仮想通貨とは?」
担当:細田恭子



 
スピーチ:川崎律世

スピーチ:住田実寧子


 4月  視点・見つめる   「母 語」
担当:川崎律世


スピーチ:秦野順子

今日の話題のリーダー
野津寛美



 5月  歴史・識る

 野外例会
「大山自然歴史館見学
&
「山楽荘にてご住職の法話


そして山の春の息吹を感じる山菜たっぷりの
精進料理も頂いてきました。




 


6月  未来・繋ぐ  いよいよ今期も最後の例会となりました。
役員退任式と就任式を行い
今期から来期へとバトンタッチです。